INTRODUCTION[イントロダクション]|【映画】大怪獣モノ 公式サイト

INTRODUCTION[イントロダクション]

プロレスラー飯伏幸太が映画初主演!
鍛え抜かれた肉体と必殺技で巨大怪獣に挑む!

スーパー巨人を演じるのは、人気プロレスラー、飯伏幸太。戦場をマットの上から特撮セットへと移し、鍛え抜かれた肉体と必殺技を武器に怪獣に立ち向かう姿は、特撮ファンのみならず女性プロレス・ファンたちも熱狂させるに違いない。巨大化前の草食系・新田を演じるのは「獣電戦隊キョウリュウジャー」のイケメン・斉藤秀翼。美和を演じるのは雑誌「ポップティーン」のオーディションでグランプリに選ばれた人気モデル・河西美希。新田を誘惑する女スパイ、リサには、DDTマットでも活躍中のタレント兼プロレスラー・赤井沙希。そして日本プロレス界の重鎮、鈴木みのるがドラマのクライマックスをダイナミックに盛り上げる!

『ヅラ刑事』『地球防衛未亡人』の天才、
河崎実が現代社会に問う渾身の集大成!

監督・脚本・特撮監督は、天才・河崎実。リメイク版『日本沈没』の公開に併せて『日本以外全部沈没』を製作して大ヒットさせ、東スポ映画大賞・特別作品賞に輝いた河崎監督は、今回、自身のもっとも愛する特撮映画の一本、『フランケンシュタイン対地底怪獣〈バラゴン〉』の【巨人対怪獣】という設定に、最新バイオ・テクノロジーの功罪、環境保護団体の横暴、過熱するマスコミ取材、産業スパイの謀略、筋肉へのフェティシズム、女装とキャバクラ遊びの愉悦までをも盛り込んで、現代社会に警鐘を鳴らす、渾身の集大成ともいうべき特撮怪獣映画を完成させた。

©2016『大怪獣モノ』製作委員会